保健体育「応急手当 実践編」(中2)


中学部2年生の保健体育では保健「傷害の防止」について、仲間と協力して実習を行うことで、
一人一人が考えを深めていくことを大切に学習を行っています。今回の授業は、これまで学んでき
た応急手当の実践編、ケガの応急手当とAEDも含めた心肺蘇生法に挑戦です。

 

 

「中学生の自分にできること」を考えることがこの授業のテーマです。もし部活動の最中に友達に
異変が起きたら・・・という設定で、応急手当グループと心肺蘇生法グループに分かれて実習を行い
ました。

応急手当グループでは「もっと優しい声掛けをしないとだよ。」「たしかに。傷病者は不安に思って
いるよね。」などと、表面的な傷の手当だけでなく、傷病者の気持ちにまで思いを馳せる生徒もいました。

心肺蘇生法グループでは初めて取り扱うAEDに苦労しながらも、胸骨圧迫や人工呼吸の手順など、
お互いにアドバイスをし合いながら実習を行っていました。

どちらのグループも、生徒たちはグループ内で相談して自分の考えを深めたり、これまで学んだことを伝え
あったりと、生き生きと活動を進めていました。

 

 

 

 

「もしも」を想定した今回の授業。生徒たちはそれぞれに「大切なこと」を感じ、学びを
深めることができました。