図工(小5)

                                         

 

5年生の図工では、ゲストティーチャーを招いて「色について」学習しました。
色と色にはそれぞれ関係があり、「色相環」と呼ばれる輪になっているそうです。
 

 

 

色相環の中では、みなさんがよく知っている、いわゆる「虹色」の七色が「色のリーダー」だと
説明してくださいました。その元の色に、「青に近い色(ブルーベース)」か「黄に近い色
(イエローベース)」を加えることで、きれいな色ができていきます。

 
 


色には個性があり、また、相性もあります。うまく調和することで、色相環のような美しい

色の環になります。人と人のつながりのようですね。今日の学習を、図工の学習だけでなく
普段の生活に生かしていけるとよいですね。