走れメロスすごろくを作ろう(中2) 

 

  中学部2年の国語の授業では小説「走れメロス」を学習しています。単元を貫く

言語学習の一環として、ストーリーを楽しみながら学べる「走れメロスすごろく」

を作りました。

 

 今日は、できあがったすごろくを実際にやってみました。

 

 

 

 

  やってみると、ただストーリーを追うだけではなく、イベントのマスに趣向を

凝らしてあり、楽しそうです。

 

メロスがあてのないゴールを目指したように繰り返しサイコロを振る生徒や

止まったマスの指示でメロスのセリフを演じている生徒もいました。

教室のいたるところで笑いが起き、生徒たちはとても楽しんでいる様子でした。