修学旅行(中3)

 

先週行われた中学部3年生の修学旅行について紹介します。

 

5月9日(水)~13日(日)で行われた修学旅行。
全員参加、そして大きな体調不良・けが無しというとてもうれしい旅行となりました。
充実の5日間だったため、一言では語り尽くせませんが写真も交えて振り返ってみたいと思います。

 

第1日目 西安「漢陽陵」「碑林博物館」「古文化街」「餃子作り体験」「夜レク」

 

碑林博物館では、国語で学習した論語「子曰く、朋遠方より来たるあり・・・」の文が
書かれた石碑を見ることができました。また、拓本体験も行いました。

 

 

 

第2日目 西安「楊さんのお宅訪問」「兵馬俑」「小雁塔・書道体験」「大雁塔」「唐歌舞ショー」

 

兵馬俑を発見した農夫の楊さん宅を訪れ、インタビューを行いました。
中国書道の体験や唐歌舞ショー鑑賞など、中国文化に触れる体験も行われました。

 

 

 

第3日目 西安「城壁サイクリング」~敦煌「鳴沙山・月牙泉」「BBQ・キャンプファイヤー」

 

敦煌の鳴沙山ではラクダに乗って移動しました。砂漠でのBBQはシシカバブをたくさん食べて大満足でした。
キャンプファイヤーの後には、砂漠で蘇州ソーランを踊りました。思い出に残る夜になりました。

 

 

 

第4日目 敦煌「莫高窟」「空港でのレク」~蘭州

 

世界遺産「莫高窟」ではシルクロードや仏教などの点で、日本とのつながりを感じました。
昼食は中華の20人卓で、和やかな時間を過ごすことができました。

 

 

 

第5日目 蘭州「黄河第一橋」~蘇州

 

朝食には有名な蘭州ラーメンを食べました。中国の歴史を語るうえでは欠かすことのできない黄河を見た後、
蘇州に向けての帰路につきました。

 

 

5日間の修学旅行。実行委員会や班長など、リーダーが中心となって反省点を改善しながら
毎日を過ごしていくことができました。
成長した3年生がこれからどんな形で蘇州日本人学校を引っぱっていくのか。ご期待ください。